スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --------(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

あの頃ペニー・レインと

B0009J8C20あの頃ペニー・レインと
パトリック・フュジット キャメロン・クロウ ケイト・ハドソン ビリー・クラダップ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-06-22

by G-Tools


私がグルーピーという単語を知ったのは、「スクール・オブ・ロック」を見てから。
グルーピーとは、バンドメンバーと寝る女性の事を指すらしいです。(あくまでスクール・オブ・ロックでそう言ってただけなので、ほんとかどうかはわかりません)
そのグルーピー、ペニー・レインと若干15歳でローリング・ストーン誌のライターになった主人公・ウィリアムの淡い初恋、ブレイク寸前バンドとの交流・成長を描いた映画。


屈折した青春映画、って感じが好き。
ペニー・レインがすごく魅力的です。ウィリアムが好きになる理由がわかるよ。
そのウィリアムも可愛いんだこれが。彼の純真さって、10代ならではって感じがする。だからこそバンドやグルーピーにまで可愛がられてたのかな。

ラスト、それぞれが成長して自分の道を歩き出す所が切なくて好きだ。
こういうラストが切ない、余韻の残る映画って大好き。
観客を映画の世界に入りこませるのが上手い、って事だからすごいですよ。

あと、架空のバンドstillwaterが70'sっぽくて良いねー。
こんな奴ら普通にいそうだもんね、あの時代。
彼らは大ヒットする事が出来たんでしょうか。
…無理っぽいですね。

スポンサーサイト

  1. 2005-07-28(Thu) 23:44:45|
  2. 映画|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア

B00005FXO2ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
ティル・シュバイガー ヤン・ヨーゼフ・リーファース ティエリー・ファン・ヴェルフェーケ トーマス・ヤーン
ジェネオン エンタテインメント 2000-03-24

by G-Tools


B'zのライブも一段落したところなので、久しぶりに映画借りてみました。
それが「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」「許されざる者」「あの頃ペニー・レインと」の三本。
全部大当たりです! 三本ともすっごい面白かった。
今日は「ノッキン?」の感想を。後の二本は後々。

余命幾ばくも無いマーチンとルディが、海を見に行くためだけに病院を抜け出し、マフィアの車を盗み銀行強盗とかやっちゃったりして大騒動を引き起こすストーリーです。
笑って泣ける素晴らしい映画。
登場人物達全員がどこか抜けてて、お間抜けなんだけどとても愛しい奴らなんです。
ラストの海のシーンは切なくて泣ける。カーチェイスで散々笑った後に、あのシーンは反則ですよ。
海があんなに素晴らしく見えるとは。

私が天国で思い出すなら、沖縄の海かなぁ…。九十九里でもいいけど。

関係ないけど、ルディがジャック・ブレイズに見えて仕方ない。
激似!



  1. 2005-07-27(Wed) 01:29:24|
  2. 映画|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

下妻物語

レンタルで観てからどっぷりハマり、原作まで買ってしまった映画。
根性が腐りきってるロリータ桃子と、頭が弱くて単純バカヤンキーイチゴの友情物語。
全く性格も考え方も違う二人が、段々心を通わせる描写がいいんですよ。
お金を借りたくないイチゴに、桃子が「主義ですか」と微笑むシーンが好きだ。
その後「イチゴちゃん」と呼ばれて、照れてどつくイチゴも可愛い。
イチゴが失恋して、それを慰めるわけでもなく、でも黙ってそばにいる桃子のシーンも良い。

「女は人前では泣いちゃだめなんだよ」
「うん。でも、ここには誰もいないよ」

↑ここはほんと良いシーンだ。

桃子作の特攻服を見て感動するイチゴを見た桃子(へんな日本語だ)のシーンを見ると泣きそうになります。
いつも渋い=派手としか言わないイチゴが、
刺繍を見て「綺麗」と言ってくれた事に、桃子は感動するんです。

後日談で、BABYのモデルやってるイチゴがとんでもなく可愛い。
あの格好で桃子と二人で並んだら相当可愛いだろうな。


  1. 2005-07-11(Mon) 19:14:38|
  2. 映画|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

I am your father

star wars ep4?6を見ました。
ep3公開という事で、久しぶりに見たらやっぱ面白い。
一番好きなのは4かな。この頃のルークは可愛すぎ!
まさに新時代、新たなる希望の象徴ですよ。なのに5であんなに老けちゃって…。
あのままのルックスで6まで行ったら、私は絶対マーク・ハミルのファンになっていたのに。
まぁ事故ったからしょうがないんですが…世の中上手くいかねぇなぁ。

4はデススター爆破の下りが最高。今見るとしょぼい技術なんですが、あそこは理屈抜きで燃えてしまいます。

5はやはり「I am your father」でしょう。余りに有名なシーン。
そういえばトイストーリー2でバズも驚愕してたなぁ。あそこは笑った。
前半の雪上での戦闘も好き。基本的に合戦シーンが好きみたいです、私。
LOTRでも合戦シーンで泣くくらいだからなぁ。

6はイウォークなんぞにやられる帝国軍に萎え。
お前らほんとに銀河を支配する帝国軍なのか。
イウォークが帝国の兵器(名前がわからん)を乗っ取る所で
何故かナウシカを思い出した。
ラストの皇帝死亡もどーなんでしょう。あっけなすぎでは?
まぁ宇宙戦?新デススター爆破は楽しかったけど。

...read more
  1. 2005-06-26(Sun) 01:02:21|
  2. 映画|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0

王の帰還

Lotr 王の帰還を見てしまいました。
最近原作読み返したこともあり、もう一回映像で見たい気持ちが湧いてきましたので。
いつかのblogでも書きましたが、私はローハン好きなので
ペレンノールの合戦は最高に燃えました。
セオデン王万歳! ウエスツ セオデン ハル!!
救援に駆けつけるシーンでは、角笛が聞こえた時点でもう泣いてしまいます。
deaaaaath!!と騎士を鼓舞するセオデン王は、誰よりも漢でした。ローハンかこいいよローハン。
でも吹き替えの「死のう!」よりは「死だ!死だ!」の方がいいな。
セオデン王では、原作の最期の言葉「陰惨な夜明け、そしてうれしい昼、やがて金色の夕暮れが訪れよう」がすごく好き。
彼の、エオメルやエオウィン、メリーに対する思い、未来の希望が詰まってるような気がします。
エオメルも男らしくて好きだ。戦場での彼はまさに鬼。すごい形相です、兄貴!
兄貴の男泣き、本編で見たかったなー。

そして何より興奮したのはグロンド。
あの凶悪な顔! 鋭い牙! 口から燃え盛る炎! 太鼓が轟く不吉なBGM!
あんなもん出されたら泣きますよ。
ナズグル・じゅうとのコンボは最凶です。勝てるとは全然思えない。

ファラミアは映画でヘタレ度UP。原作はとんでもなく高潔な貴人なんですが。指輪に誘惑されないって、よく考えると物凄いですね。
でも泣きそうな顔のファラミアも好きです。
火にかけられる寸前の、薄目を開けた顔が何故かツボ。

書きたい事はまだ色々ありまして、ガンダルフ目閉じて寝ろよ!とかメリーは男前だなぁとかレゴラスが20人いたら勝てるんじゃねーの?とかギムリってかわいいよなとかサムと結婚したいとか東夷ってお洒落さんとかここでドロップキックかよ!とか色々あるんですが。
キリがないのでここらへんで。

追記:
滅びの山で、サムがフロドを抱え上げるシーン。
「指輪は運べなくても貴方は運べます!」のバックにInto The Westが流れて、サムが抱え上げる一連の演出は素晴らしい。
自分的にはあそこがクライマックスです。
サム、フロド…・゚・(つД`)・゚・。


...read more
  1. 2005-05-11(Wed) 00:01:36|
  2. 映画|
  3. トラックバック 0|
  4. コメント 0
04 « 2017/05 » 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Archives

Search

Profile

篤

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。